びゅるるのたれ流し

エロ漫画の感想置き場

脳イキ講習会

第12回脳イキ講習会レポ

はるさん( )

あなるはるを先生( )

 

2017.9.3

初めての参加でアングラ感バリバリでやってるのかと思いきやSHOWを交えてのとても見やすい構成での進行に「過去の講習会より進化してきてるな」って見たこと無いのに思いました。

 

・はるさんの挨拶でm.ちゃんも壇上にあがると思いきや既にガクガクビクビク

 目の当たりにするほうが信じられないくらいだった。

 

・あなる先生の除霊SHOW

 これは…一体なんだったんだ…? 何を見れば良くてどういう意図でのこれだったのか、僕にはまだ分からなかった。あと世田谷婦人さんパンツ履いてました?

 

・はるさんによる緊縛

 生で縄を見て、縄は縛り上げたときだけの物じゃないんだな。しっかりと覚えてみたいと思った。超気持ちよさそう。めちゃめちゃ縛られたい。

 

・はるさんとあなる先生の親子談義

 脳イキに至るロジック

 オーガズムに必要な「男女の役割」

 開放するということ。言葉では簡単に聞こえるがこれはとても難しい。

 現代において本当のものは見つかりにくくなっている。それを二人で見つけていかなければいけないのだ。

 SEXの根本にあるものとは、どう信頼関係を築いていくのか。

 膣分泌液の秘密

 女性から「引き出す」漢の役目

 イクための想像領域を育てる。男は我慢。

 とってもありがたい人体構造のお話

 興奮の流れのコントロールが脳イキのコツ?

 言葉責めの段階と、オーガズムの波のタイミング

 

・質問会

Q 第三の汁が出て中和されるとおっしゃいましたが、膣内がにゅるにゅるなのはどう変化しますか?

A ぬ"ゅるに"ゅりゅになります。

 

さっくりとした流れのまとめ(超個人的)でした。

 

そこから感じたもの

まず、今回の参加に当たって自分で脳イキに至る仮説を立ててから参加しました。

初めてはるさんの動画を見たときから「なんでこんなことになるのか」が疑問に思ったので、自分の持っている知識を総動員して、仮説を立てました。

講習会を見ても全てが理解できたわけではないので、恐らく正解率は4割以下ってとこでしょう。

でも大事なのはロジックだけではなく、むしろそれよりも関係性の重要性が大きく見えました。

きっとこれは自分が人との関係性を正しく構成できてないからなんだと思います。

はるさんが話す中で相手の解放を手助けするのに自分の解放がどれだけ大事なのか痛感したのが一番得たものだと思います。

僕は、ずっと自分が解放できていない。しているつもりでもそれはポーズだけの解放で、はるさんの様にイカれてるとしか思えない解放の仕方まで一度たりとも到達したことなんてない。

浅い知識や薄い関係性だけで出来るような気になっていた物は、自分しだいでもっと強く引き出せるのだと理解したつもりだ。

究極的に言えば「自分に素直に、相手を思いやって」みたいな感じに納得したのだが、おそらくきっと2回目、3回目ではもっと違う発見があるだろう。

きっと決まった形なんてのは無い10人居れば10通りの解放があり、その数だけ脳イキへの到達があるのだと思う。それを真剣に相手と取りに行くことがSEXの本質なんだと思う。

間違ってもいいという事。これは本当にそう。人との関わり合いで100%うまく進むことなんてないもの。

 

その場では他に質問が思い浮かばなかったけど、今になって質問したいことが出てきたのは、ゆっくり消化できていってるからなんだろう。

取ったメモを見返して内容を思い出そう。

人の話を聞かなければ自分では気づけなかったものが多く、今回の講習会に参加して思ったことは遠方からでも忙しくても必死こいて参加したほうが良いですよって事です。

エロ漫画45冊分の価値はありました。

 

・二人が話をしていく中で

 精神のはるさん、肉体のあなる先生、双方のアプローチがあるので非常に密度の高い内容に追いつくのが必死でしたが、脱線しまくりなのはそれだけ奥が深いから脱線もしやすいということなんでしょう。

先生が脱線していったときにはるさんが「何の話やねん」って顔してたのが面白かった。

あと春bar行きたいしなんていうかもう行きたいしかない。

女王様めっちゃ身体綺麗で、隣歩いて行くときめちゃめちゃお尻をガン見してしまったけど、仕方ないです。殴られてでも見なきゃ損です。

あとぺろさんも可愛かった。どんな状態だったんだろう、俺もなってみたい。

 

あと次の講習会がめっちゃロジカルな感じっぽいのですげー行きたいけど完全に無理そうで悲しい。